シアリスに目覚めた日!去年の冬に知ったシアリスの凄さ

勃起不全の原因と症状

今、30代以上の男性方で時たま勃起がしなかったりその途中で元気が無くなる。
という症状を抱えている男性は驚くほど多く存在してるのですが、その事について誰に相談をすれば良いのかが分からない。
や、相談するのが恥かしい等の理由を抱えてその対処を後回しにしてる方が多いのです。
この様な症状がみられるとEDが原因と疑われ最近だと生活習慣の予兆ではないかと云う考え方があり、その治療の重要性を考え直す必要があるのかもしれません。
EDとは、勃起障害や勃起不全の事を指しております。
しかし、症状としては勃起が起きないケースに限らず硬さが十分では無かったり勃起の状態維持が出来ない等
お互いにとって満足いく性交が行えないそのものの状態全般を言います。
詰まりは当人が勃起に満足を得られていない時もEDとしての治療対象となるのです。

20歳から60歳を対象に行われたある大学の調査によると200人の内軽度から重度の勃起不全のケースを含めその約半数の95人がEDと診断されたのですが実際に自覚している男性は少なかったという結果が残ってますのでこの事から潜在的な患者が多くいると考えられます。
またストレス社会と呼ばれる現代の日本は患者数が上昇傾向で仕事の悩みからうつ病になりEDに繋がるとされており原因はストレスが関係してるとされています。
勿論原因はそれ以外にもあり生活習慣ですと仕事の付き合いでの飲みや会社での飲み会によるアルコールの多量飲酒や暴飲暴食、
更には交感神経の活性によって引き起す可能性も高く日常だとゲームやパソコンを見ているとき、仕事が忙しい時など激しい興奮状態又は強い刺激を受けてる精神的にアドレナリンが沢山出ている状態です。
興奮するから勃起がし易くなる。と考えがちではありますが逆効果であり体そのものは緊張しているがために筋肉が硬直して血管が収縮、そして陰茎が萎縮してしまうので勃起がしにくいという結果になるのです。

最近、性行為の際に上手く勃起がしなくなった場合気持ちやその場の雰囲気が大事で多くの人は勃起不全だから情けない等ネガティブになりますがそんな感情をパートナがうまく受け止めてあげ時として背中を押してあげる事も大事です。
最後にEDかな。と少しでも感じたら早めに治療を受け自分のカラダの健康状態を知る事から始めて見てはどうでしょうか。